2015年04月09日

HOWEVER

皆々様、いつ振りか全く分かりませんが、ご無沙汰しまくっております、蜜柑です。

主に私がネット上で何かを発言するとなると、専らツイッターになっていた昨今ではありますが、140字じゃ収まんないんじゃちきしょー!!
という状況に陥っている為、久しぶりにこちらで、また語り始めようと思いました。

お題は、こちらでは結局まだ話していませんでした、彼氏について。

数年前から恋話ブログと化しているNorthWindでございますが(笑)
そんな恋話でも親身になって聞いて下さる方がいらっしゃいました。
なので皆様、また私の話なんぞ聞いて頂けたら嬉しいです。
聞いてもらえるだけでいいんです。今はそれだけで。

んで、その彼氏というのは一体誰なのか。
前回まで話していた彼とは、10ヶ月という短期間でお別れしまして、
現在は付き合い始めて先月丸2年を迎えた、今流行りの街コンで出会った、またしても歳は同い年の彼。
そして、またしても車で2時間程離れている中距離恋愛。
元彼と場所が入れ替わっただけなので、距離感全く一緒という(笑)
仕方ないですよね、だって私が地元に帰ることを決意した後だったんですもん、出会ったの…(涙)

こうなるって分かってたら、まだこっち戻ってこなかったのにな…。

ツイッターを見て下さってる方はご存知かと思われますが、
基本的には彼とは順調にお付き合いさせて頂いてます。
月2〜3回の頻度であってますし、
週2〜3回は電話もしています。
まあ、人によっては毎日連絡取るのが当たり前だという方もいらっしゃるかもしれませんが、私にとってみれば十分過ぎる程に連絡が取れてます。

何なら、彼が野球好きで一回ドーム観戦に連れて行ってもらってからすっかり私も野球にハマり、この2年でドームには6,7回、地元の球場には1回、観戦デートをしに行ったり、温泉旅行も行き、去年は二泊三日の東京旅行にも出掛けました。
憧れだったディズニーデートも果たし、
クリスマス付近の週末には休みを取り、私の誕生日も兼ねてケーキ買ってお祝いしてくれたり、
プレゼントもコートとお財布を頂きました。
ボウリングに行けば必ず3ゲームやったり、
ゲーセンで彼が昔やってたクイズゲームを一緒にやり始めたり、
居酒屋に飲みに出掛けたり、カラオケも行きました。
夏はテニスをやったり、ジムで走ったりもしたなあ。

この2年だけも、数え切れない程の思い出を作ることが出来て、
正直、私の中では常に彼の事で頭がいっぱいです。
それ故に、最近では彼の一言一言に感化されたり、影響を受けたり。


でも
なぜかどうしても
こうおもっているのは
ここまでおもっているのは

わたしだけなんじゃないか?



そう思っては落ち込み、1人悲しみに暮れて泣いたりすることが、最近よくあるんです。

それも、彼が春から異動があるかもと言われていたのが無くなり、
更には役職が変わり、新たな仕事を覚えなきゃいけなくなったことで、
余裕が無くなってしまっていること。

「いやー疲労が溜まってるんだよねー。」

だけなら、私もフォロー出来る範囲ではあるんですが(気持ち的には、私だって疲れることあるよ…ってどうしても思っちゃうことはあるんですが、それは言っちゃダメだよなと我慢してはいます)


でも


「あと一年早く出会ってたら、違ったのかもしれない」

「もっと近くに住んでいたら」

最近、よくこの言葉を発するんです。
仕事に追われて更に忙しい時に。

私は今回の異動があったら、異動先に着いて行く気持ちでいました。
まあ、実は今の職場がちょっと辛くなってきていたので、キッカケにさせてもらえたら嬉しいな、なんて思ってました。
まあ、そんなこと思っていたら、そりゃ異動もなくなりますよね、

神様は正直でした。


でも、もう一年異動が延びたこともあり、
余裕の無い窮地に立たされればさっきのセリフを言われてしまう。

ならば、いっそ同棲しに転がりこんでしまおうか?
実際に上司には相談していたので、職場も用意はして頂ける状況にはあります。

でも、そこまでするのは、彼的にどうなのか?

発言一つ一つが、たまに、
どこまでが本気で
どこまでが本気じゃないのかが、
分からなくなるんです。

言って気を紛らわせてるだけなのか、
本気なのか…

周りの上司達や先輩から、私との話を聞いて彼に色々話してくれているのも有難いことだけど、

正直それも
言われて気付いたのか
言われてしょうがなく動いているのか

そこも分からなくなることがあります。

言われて渋々動かれても、嬉しくない…
でも、動かないよりいいじゃない、良い先輩達じゃない
と思う私もいる。

「前髪真っ直ぐよりは、分かれてる方が良いな」
と言われたから、分けたことない前髪を切れずにいるんだよ?
髪だって、長い方が良いって言うから伸ばしてる。

貴方のことを思って行動しているのか、
嫌われたくないから必死になってるのか、
分からなくなって涙になる。

もっと近くに行きたい
もっと側にいたい

この気持ちを、今行動に移すべきか否か、とても悩んでいます。
そこまでするべきなのか。
見返りなんていらないとは、ごめん、言えない。
やるからにはやっぱり少しでもいいから見返りは欲しいよ。

一方通行な気がして、
堪らなく嫌なんだ
つらいんだ
この気持ちを
うまく
伝えられないんだ

そんな自分に、結局
嫌気しかささない。

そんな戯言でした。

長く書き過ぎちゃいましね。





「出会うのが遅すぎたねと
泣き出した夜もあったね」

タイトルの曲を今日カラオケで歌ったら、こんな歌詞があって、
照らし合わせちゃいました。
posted by 蜜柑 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。