2011年12月15日

トラウマ。

「会いたくない訳じゃないよ」

と言ってきた言葉に対し、

「その言葉、信じていいのかな?」

今月、唯一お互いの休みが合う12/30。

「信じていいなら、30日そっちに行く。
でも、もしそうじゃないのなら、

ここで終わりにしたい。」


白黒ハッキリしたくて、こんなメールを送った。



あれから今日で4日経った。

未だに、彼からの返信はない。


もうそろそろ、待つのも限界に達したので、
明日また連絡してみようと決めた。


前回の日記でコメントを下さった、姉サマ、dope-gさん、かおるさんの貴重な言葉を無駄になんて出来ないですもの。
本当にいつもありがとうございます。


頂いたアドバイスの中で、
実際に会った方が良い。電話をして話したら?

やはり、メールは所詮言葉だけ。
気持ちがこもってるかどうかなんて、絵文字の数じゃ表せないしわからない。


私は電話で話したい。


でも、前に一度、出てもらえなかった事があって以来、
彼に電話をかけることが出来なくなってしまいました。

会う約束をしていたのに、メールをしても返事が来なくて、電話をしてみたけど出ず、
数分後に「会えなくなった」とメールが来たことがありまして。


これがすっかり、私の中でトラウマになっていたようで、掛ける勇気が出ないんです。


でも、このままメールで終わらせてしまうのは違うと思うし、
「電話で話したい」とメールしようと思ってます。

会うまでに私が持つ気がしなくて…



連日、考えることが、

「もし、違う人と付き合ったりしたら、どんなカンジなのかな?」

「もっと、積極的になれるかもしれない」

「緊張したりしなくなるかもしれない」




勝手に決め付けて嫉妬することも、
変に気を遣うことも、
視線を気にすることも、
顔色や声色を、
気にすることもなくなるかもしれない。



私はきっとワガママだから、
自分の思うような、思い描くような姿に憧れ過ぎたから、

こんな気持ちになってしまったんだ。


自業自得とは、こんな私のことを言うと思う。






どうして、何も言ってくれない?
逃げるだなんて、卑怯だよ……ずるいよ…


もう、書いてる途中から、泣けてきちゃったし…参ったな。




とりあえず、電話で話したいって、メールしてみます。

明日は早番だから、寝ます。
おやすみなさい。
posted by 蜜柑 at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

12月。

またまた、久々にメールをした。

お互いに連絡しなさすぎだなって、反省した。

返事は、送ってから3日後のことだった。

特に遅れたことに対して詫びる事もなく、

「あ!そろそろ会わないとね♪」

と最後に一文付けられていた。

<そろそろ会わないとね>

別に、会うことを義務化してるわけじゃねーし。
何それ…

私が勝手に被害妄想を被ってることは分かってる…
ケド、メールを見た瞬間そう思ったのは事実だった。


その後、
実はあと3日、メール来なかったら終わりにしようと思っていた、と伝えた。

ついでに、この機会を無駄にはしまいと、思ってることを全部書いた。

この連絡取れなかった間、

他に好きな子できたかな?

実はもう既に、私は元カノだったりして。

など。

長文を送りつけた後の返事には、


「彼女は出来てないから、ご安心を」


と、他の事に連ねて一文書いてあった。


は?
ご安心をって、なに?
あんた、何様なの?


ここから、私のイライラが始まった。


ただ、思いのままをメールにしてしまったら、大人げないだけ。

私はここで、いつものトーンに戻した。

しかし、スマホに変えた彼からのメールは以前に増して短く、どうやらまだ慣れていなく大変らしい。

しきりに「絵文字とかちゃんと使えないから文変になるかも」と謝ってきたが、
「気にしないで」と一言そう返しただけで、他愛もない会話が続く。

絵文字があるかないかなんて、カンケーないんだわ。
言葉一つとっても、今までよりも遠く、距離を置かれている気がした。


意を決して放った言葉は、虚しくも砕け、
私の元へと帰ってきたことで、

「私の思いは伝わらないのか…」

と、諦めかけている。

あの長文を送る為に、どれだけの勇気を使ったか。
知るよしもないことくらい分かってる。


けど、

まるで「何も聞かなかった」かのように、ほとんどのことに触れずに返事を返してくるなんて、


期待していた私が馬鹿だった。

僅かな希望を信じていたのに、

無反応だったことに対してではなく、
気持ちが届かなかったことが、悲しかった。


今日もメールをしていたが、イライラは収まることなく、八つ当たりをしかねないと気付き、

「ごめん、また明日メールします」

と返してやめた。


一晩過ぎたら、少しは落ち着けたらいいな。



全てを彼のせいにはしていないし、したくない。
私だって悪いとこは沢山ある。



別れを決意した二度目の今。
どうしようもないこの気持ちを、ここにぶつけさせて頂きました。



ごめんなさい。
posted by 蜜柑 at 23:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。